最近なにかと話題の会社の評判をいろいろな角度から調査しました
no

富士重工業の評判に関する情報 

自動車「スバル」をはじめとする輸送機器のメーカーの富士重工業株式会社は、日本の重工業メーカーとして事業展開している会社です。その富士重工業株式会社のバイクは珍重される傾向にあると評判で、バイク買い取り市場に出ればかなりの高値になると予想され、密かな話題になっているようです。特に注目されているのが、富士重工業株式会社のスクータータイプのラビットとハリケーンです。

昭和28年に350ccで発売されたハリケーンは、販売が順調に進展しなかったために昭和33年には全機種が製造中止となりました。その為に、現存している物自体無いのではと言われている程で、富士重工業株式会社の博物館でも欲しいと考えている一品なのだそうです。もしハリケーンが倉庫などに眠っているのを発見したら、大きな話題になる可能性も考えられるとも言われています。

スクータータイプのラビットは、昭和22年に135ccの冷却4ストローク単気筒エンジンを採りいれて販売されました。その後は改良型などもラインナップされ、昭和34年にはトルクコンバーターを使用した225cc冷却4サイクルサイドバルブ単気筒が、昭和35年には2ストロークが生産され爆発的なヒットとなりました。しかし、自動車の普及やスーパーカブの人気で低迷して昭和43年には生産終了となり、こちらもマニア垂涎の機種だとの評判です。

富士重工業に関する基本情報

富士重工業株式会社は、日本の重工業メーカーで自動車「スバル」を主軸とし輸送機器のメーカーとして事業展開している会社です。1917年に中島知久平元海軍機関大尉が群馬県新田郡尾島町に民営の飛行機研究所として設立したのが富士重工業株式会社の前身です。そして、第二次世界大戦終戦後のGHQによる財閥解体の対象となった中島飛行機が1945年に富士産業と改称し、旧中島系である主要企業が共同することで1953年に富士重工業が設立しました。1958年に発売された軽乗用車「スバル・360」と1961年に発売された軽商用車「スバル・サンバー」が、技術的だけでなく商業的にも成功したことにより、自動車メーカーとして「スバル」ブランドの地位は確かなものとなりました。

富士重工業を構成する事業要素には3つあります。その1つがスバル自動車部門で、自動車とその部品の製造・修理・販売をしています。スバル自動車部門では、乗る人全てにとって安心で愉しい走りを約束するクルマの開発を続けています。2つ目は航空宇宙カンパニーで、航空機・宇宙関連機器とその部品の製造・販売・修理をしています。3つ目は産業機器カンパニーで、発動機・発動機搭載機・農業機械・林業機械・建設機械・その他機械機具とその部品の製造・修理・販売をしているのです。