最近なにかと話題の会社の評判をいろいろな角度から調査しました
no

野村総合研究所(NRI)の評判に関する情報 

株式会社野村総合研究所(NRI)は、システム開発などIT企業の顔と戦略系コンサル企業の顔を持つ会社です。その為、システム開発に大きな強みを有すると共に、トータルソリューションを提供できる総合力があるとの評判を得ています。

株式会社野村総合研究所(NRI)の主な顧客は、官公庁や各産業のリーディングカンパニーで、産業政策・行政改革に関連する提言や支援、成長戦略策定や実行支援などの提供などに取り組んでいます。また、具体的な解決策の実施はもちろん運用まで一貫して行う規模があることも強みで、顧客と共に実行するといった実行力がある企業とも言われています。さらに、業界ごとに深い知見を有した専門のコンサルタントがいることも特徴で、これらのことから民間系においても官公庁系においても高いレベルの評価得ており、この点においても大変評判が良いのです。

その背景には、人材育成に力を入れる野村総合研究所(NRI)と評判になるほど、創業時からのDNAを社員に引き継いでいる点があるようです。その育成方針は、OJT・研修・自己研鑽の3つを結合させて好循環することで、それに基づき人材育成に関連する様々な取り組みを実施しているそうです。どうやら、「人材」ではなく「人財」が株式会社野村総合研究所(NRI)を支える基礎と言った考えが、高い評価や良い評判につながっていると言えそうです。

野村総合研究所(NRI)に関する基本情報

株式会社野村総合研究所(NRI)は、コンサルティング・金融ITソリューション・産業ITソリューション・IT基盤サービスなどをトータルに提供する会社です。東京都千代田区丸の内に本社を置く会社で略称はNRI・野村総研です。

現在の株式会社野村総合研究所(NRI)は、1988年に株式会社野村総合研究所と野村コンピュータシステム株式会社が合併し誕生しました。1965年に本格的な民間シンクタンクとして日本で初めて設立されたのが、合併する前の株式会社野村総合研究所です。そして、1966年に日本で初めて商用コンピュータを導入したシステム開発会社として設立されたのが、株式会社野村電子計算センターです。その株式会社野村電子計算センターが、1972年に野村コンピュータシステム株式会社と社名変更したのです。

一貫したトータルソリューションを提供できる株式会社野村総合研究所(NRI)は「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、ビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。

また、株式会社野村総合研究所(NRI)は、「使命」「事業ドメイン」「経営の目標」「行動指針」の4つを柱とした企業理念を掲げています。「使命」とは「社会やお客様などに対して果たすべき役割」のこと、「事業ドメイン」とは「使命を遂行するための手段」のこと。「経営の目標」とは「独自の経営スタイル」のことで、「ナビゲーション&ソリューションにより、企業価値の最大化を目指す」ものであるとしています。そして、「行動指針」とは「社員が仕事を進めるうえで指針とすべき規範」であり、「真のプロフェッショナルとしての誇りを胸に、あくなき挑戦を続ける」ことをこころがけているのだそうです。