最近なにかと話題の会社の評判をいろいろな角度から調査しました
no

大塚製薬の評判に関する情報 

大塚製薬株式会社は、医薬品や臨床検査、医療機器、また食料品や化粧品などの製造・販売や、輸出・輸入をしている製薬会社です。同会社の商品「賢者の食卓ダブルサポート」が、とても評判が良く、口コミでも話題になっているようです。

賢者の食卓ダブルサポートは、脂肪の多い食事を摂取している方や食後の血糖値が気になる方の食生活改善に役立つ特定保健用食品で、食後の血糖値・中性脂肪をダブルで対策できるのだそうです。どのように評判が良いのかというと、血糖値を食後に計っているのですが、賢者の食卓ダブルサポートを飲んだ時と飲まない時の差が歴然なのだという口コミを多くみかけます。また、大手製薬会社である大塚製薬株式会社が販売する特定保健用食品の賢者の食卓ダブルサポートは、実験データが公開されているので安心感が全く違うという声もあります。さらに、何の飲み物に混ぜても味が変わらないので、食事と一緒に飲んでいる飲み物に混ぜることができ、摂取しやすいという点も評価されているようです。

賢者の食卓を1ヶ月間毎食時に利用した結果、血糖値とヘモグロビンA1cが下がったと、実際の数値で実感する人もいて、多くの人が高い評価をしているのも確かです。このように、実際の利用者の口コミの数々からも、賢者の食卓ダブルサポートが評判になっていることは理解できるのです。

大塚製薬に関する基本情報

大塚製薬株式会社は、医薬品や医療機器・食料品などの製造と販売、輸出輸入を事業展開する製薬会社です。1921年に大塚武三郎が大塚製薬工場を徳島県鳴門市に設置したのが大塚製薬グループの源流です。そして1953年に、現在のオロナインH軟膏につながるオロナイン軟膏を発売し、その大ヒットが発足のきっかけとなりました。1964年には大塚製薬工場の販売部門が分社化されて大塚製薬株式会社が設立されました。その後、2008年に大塚ホールディングス株式会社が創設されるまでは、大塚製薬株式会社は大塚製薬工場・大鵬薬品工業・大塚化学・大塚倉庫・大塚食品・アース製薬など、国内外にある大塚グループの中核企業でした。

家庭用医薬品「オロナインH軟膏」の発売元として大塚製薬株式会社は知られることになり、以後は1965年にビタミン入り炭酸飲料「オロナミンCドリンク」、1980年にはスポーツドリンク「ポカリスエット」を発売。そして、1983年に栄養食品「カロリーメイト」、1988年にファイブミニ、1991年にザ・カルシウム、1993年にエネルゲンを発売してきました。2006年には「SOYJOY」を発売するなど、大塚製薬株式会社は、企画・開発・発売で製薬会社の領域を越えた事業を展開しているのです。