最近なにかと話題の会社の評判をいろいろな角度から調査しました
no

日本オラクルとは・・・会社紹介

日本オラクル株式会社は、1977年設立の米国企業オラクルコーポレーションが日本で1985年に設立した法人です。主な事業は、日本を拠点とした情報システム構築に必要なソフトウェア製品・ハードウェア製品・ソリューション・コンサルティング・サポートサービス・教育の事業の展開だ。また主要製品は、Oracle Cloud・Oracle Engineered Systems・Oracle Database・Oracle Fusion Middleware・Oracle Applications・Oracle Linuxなどである。

オラクルコーポレーションが、日本市場におけるソフトウェアプロダクトの販売と当該ソフトウェアプロダクトについての利用支援を目的とした各種サービスの提供のために、日本オラクル株式会社が1985年に設立されるが、本格的な事業活動を開始されたのは1990年だ。そして1997年にオーアールエーシーエルイーアクイジッション株式会社と合併するのです。2006年には兄弟会社である日本オラクルインフォメーションシステムズ株式会社と協業体制を強化して、製品や関連サービスなどの取扱窓口を一本化したのだ。2010年にはハードウェア・システムズ部門を新しく設置して、サーバー・ストレージ製品などの販売と関連サービスなどの提供を開始するのです。

日本オラクルに関する評判

米国企業オラクルコーポレーションが日本に設立した法人が日本オラクル株式会社です。情報システム構築に必要なソフトウェア製品・ハードウェア製品・ソリューション・コンサルティング・サポートサービス・教育などを事業展開しています。その日本オラクル株式会社の社長のキャラクターがイメージと違って意外性があり、社内をはじめ接した方々から評判になっているのです。

社長のキャラクターのひとつは、日本オラクル株式会社の社内では有名なことのようだが、一度話始めると誰かが制止しない限り止まらないのである。また思ったことはドンドン発言するが相手に対して全く威圧感を与えることがなくて、逆に随所にジョークを交え周囲を和ませながら場を作ると言ったフランクなキャラクターだ。

米国企業オラクルコーポレーションが日本に設立した法人なので、本社の意向を強く受けるのが現状です。しかし日本オラクル株式会社の社長は、本社社長やCEOに対しても強い態度で意見を届けるので、日本のユーザにとって心強い存在になっているのです。そして、こうした社長のキャラを日本オラクル株式会社がもっと表面に出すことで、ユーザとの距離が縮まると言った声もあるほど社長に対する評判が良いのです。