会社の評判@調査室
最近なにかと話題の会社の評判をいろいろな角度から調査しました
no

スタートトゥデイとは・・・会社紹介

株式会社スタートトゥデイは、ZOZOTOWNというアパレルのオンラインショッピングサイトを運営している企業です。主な事業としては、ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」やブランド古着のセレクトショップ「ZOZOUSED」を運営するZOZOTOWN事業。アパレルブランドの自社ECオンラインショップのサイト開発と運用を受託しているBtoB事業。ファッションコーディネートサービス「WEAR」を運営するメディア事業がある。

1995年に代表の前澤友作が輸入レコード・CDのカタログ販売を行ったのが創業のきっかけで、1998年には有限会社スタートトゥデイとして法人化したのだ。2000年に株式会社にしてアパレルのオンラインショッピングサイト「EPROZE」を開設し、アパレル販売を中心として会社が成長するのです。そして2004年にアパレルのオンラインショッピングサイト「ZOZOTOWN」を開設し、2011年には「ZOZOTOWN」のグローバルサイトである「ZOZOTOWN.com」を開設したのだ。2013年にファッションコーディネートサービス「WEAR」を発表し、ターゲットを10代、20代の女性としたガールズショッピングサイト「LA BOO」を開設。2015年にはグループ会社の株式会社ヤッパの社名を、株式会社スタートトゥデイ工務店と改め発足するのです。

スタートトゥデイに関する評判

株式会社スタートトゥデイは、ZOZOTOWNという衣料品通販サイトを運営している企業で、その他にもオンラインショップのサイト開発と運用、ファッションコーディネートサービスの運営など様々な事業を展開しています。このような事業展開している株式会社スタートトゥデイは、社員の平均年収が高水準を記録するなど文句なしの素晴らしい会社と評判です。しかも年々右肩上がりで上昇していると言われていて、不況の中でも儲かっている証拠である。

このように外部から見ると文句なしで高い評価を得ている株式会社スタートトゥデイですが、社員からの評判は賛否両論で、実際に働いている社員しか分からない点もあるります。残業が少なくハードワークでない会社で、年収も高水準なことから良い評価をしている社員もいます。しかし、その一方で退職者もいることから何らかの悪い評価があることも確かです。ただ、株式会社スタートトゥデイは若い社員が多く揃っているので、今後どのような展開をしていくのかが楽しみな会社でもある。また、それによって社員の会社に対する評判もいろいろと変化していくと考えられるし、外部からの評価も様々な点で変わってくるといえるのだ。