会社の評判@調査室
最近なにかと話題の会社の評判をいろいろな角度から調査しました
no

トリプルグッドグループとは・・・会社紹介

トリプルグッドグループは、トリプルグッド税理士法人やトリプルグッド社会保険労務士法人、またトリプルグッド法律事務所やトリプルグッド司法書士事務所、トリプルグッド行政書士法人、そしてトリプルグッド株式会社など、トリプルグッドグループのメンバーファームの総称です。各ファームは緊密な連携のもと、それぞれの適用法令に従って独立した組織として業務を行う「ワンストップ」サービスを提供しています。大阪府大阪市に本社オフィスをかまえる関西屈指の総合事務所です。1997年に設立され、事業内容は経営企画、マーケティング、ブランドマネジメント、ITソリューション業務、税務・会計・財務アドバイザリー業務、法務アドバイザリー業務、行政手続アドバイザリー業務、労務アドバイザリー業務など幅広い分野で多岐にわたります。

全世界で急速にIT化が進んでいる現代、トリプルグッドグループも様々なIT・クラウドツールを業務に取り入れています。士業の業務は、これから今以上にIT化が進むといわれており、士業にもITの知識が必要です。業務の中で積極的にIT・クラウドツールを取り入れているので、士業業界の変化にも柔軟に対応することができます。また、業務の効率化はだけでなく、場所を選ばずに働くことができる在宅勤務が可能です。

トリプルグッドグループに関する評判

世界50ヶ国で調査を行う、世界最大級の意識調査機関であるGreat Place to Work(GPTW)が毎年選出している「働きがいのある会社」ランキング、2016年版でトリプルグッドグループは3位を受賞しました。選出回数はこれで初出場した2012年から5年連続、5回目となります。外部からの意見、あるいは会社の制度の充実度から判断されるのではなく、職場で実際に働く社員からの意見をもとに選出される賞ですから、5回連続ランキング入りしたということから、社外からの評判もさることながら、社内からも良い評判を得ていることがうかがえます。

トリプルグッドグループ代表者の実島誠氏は、大手監査法人などの勤務を経て、1997年に税理士事務所を創業しましたが、当時顧客ゼロ売上ゼロという状況でした。数年間はそのような状態が続いたものの、10数年前に独学でクレドを取り入れ成功を収めました。実島代表が導入したクレドとは、「信条」という意味のラテン語を語源とします。「企業の信条や行動指針を記した携帯タイプのカード」を指す言葉です。トリプルグッドグループのクレド(信条)は、顧客、メンバー、取引先など、グループにかかわるすべての人が幸せになるよう、メンバー全員で創り上げた理念です。クレド経営を導入した結果、毎年20%以上の業績アップを実現するに至りました。